今この時を頑張る

現時点から何を頑張るかを細々に分けるのもむなしい

そうではなくたどり着きたい目標から逆算するのがわかりやすいかと思う

レベルが高いからといって宿題などを写経することなくガンバル

これはブッブー

もちろん高さによるのだが

それを見定めぬうちはこういったまやかしに惑わされやすい

この地で高校受験をするだけなら

それは一つの正解として受け入れることができるだろうけど

その後は?????

近々に受験が迫っている

そして乖離が・・・・

という場合にはそれは間違っていないと言い切る

小学生は何を頑張るのか

じっと考える作業・集中する作業が大きなことかと

答えを知るのは順位は低い

この場合

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥

という言葉は通用しない

我慢するという教育を施してほしいと思う

もちろん一生保護のもとに置きたいというなら

それも必要ない

すべてがすべてに当てはまる方法なんてない

これは納得してくれるかと思う

ならば・・・・・・

ゲームは一日に時間までとしています

なてことをしたり顔で言われたことがある

「何で二時間?」

学校に行って塾で勉強して一日がんばっているからという答え

それが日課なのだという

これがまともだと受け入れられる人には多分通じない話をしている

冷たい言い方をするなら

それもしょうがないんだろうなと思う

中学生でも同じこと

もしかしたら

がんばると≒耐えること

なのかもしれない

けれどそれを続けたときには何かが手に入るというご褒美がある

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。