目線を合わせて話をするのは

幼児期だけでいいのかと

でも

これってどこまでが幼児期かってこともあるし

中高生になっても幼児期が終わらない子もいるわけで

いっそのこと年齢制限をしてしまうのはどうだろう

公共機関の運賃のように

いつまでも子供でいてほしいなんて言う意見もあるから

難しいか

でも

これほど精神年齢が異なる子供たちを同じ学年として扱うのも

随分と乱暴な話だと思うのだが

ゆえに学年なんてまやかしで区切らないエクストラコースなどという

コースを設けている

せめてできるだけでもという意志で

随分と賛同していただいていると自負している

できることなら

このコースの時間を増やしたいのだが

それにはまだ難しいことがある

なぜかこの時間にやったことを忘れることが少ないようだ

もちろん理由はわかっている

というかそれゆえのコースなのだが

もっと賛同者を増やしたいというのが

今の望みの一つだ

懐かしい彼ら

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です