学年が上がれば時間も増えればいいのだけれど

小学生、中学生、高校生

このあたりまではあきらかにしなければならないことが増える

けれど

一日が36時間になることはない

地球の自転速度を変えればいいかもしれない

もし可能ならやってみて

ゆえにそこで選別を強いられることになる

もちろんすべてを可能にすることもできるだろう

すべての目標を低く設定するのが大半の例

そんなことがある意味成長ということになるんだろうな

同じことを同じ時間割り当てていたら

同じ成果を得ることはできない

目をつぶるか耳を閉じるか

それとも目を開け耳を開放するか

当たり前のことを当たり前に話してみた

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です