二兎を追う者は一兎をも得ず

これをどう受け止めるのだろう

いろんなご家庭の考え方があって

それにそって子供たちは成長していく

子供たちの好きなようにやらせているなんていう

のはとりあえずわきにいておいて

乱暴なので少々言い訳すると

子供たちに何かを仕向けてそこから選ばせるというのは

好きなようにさせているというのとは違う

家族が野球を好きで幼いころから触れさえていれば

好きになる確率は高い

この場合は好きなことをすでに強いていることにほかならない

という意味で

さて、あれもこれもそれも何も全部

なんていうのは何一つ手につかないというのは

わかりやすい結果じゃないかな

さて二兎を追う者は一兎をも得ずというのの例に

語学がある

いやmother tongueとでも言い換えようか

人はただ一つしかmother tongueしか持たないのだそうだ

多くは英語か日本語かということになるだろう

そんな話をすれば

マルチということを比較されるかもしれない

だからそれは・・・・

まじになりそうなのでやめよう

もう少しだけ言うと

野球とサッカーは使う筋肉が違うということかな

さて、話を変えて

ここ数週間で数人の元塾生と話す機会があった

わかってもらえればいいのだが

これは本当にうれしい話で

そのジュニアたちを連れてきてくれる

本当にうれしい

というか自慢してもいいくらいだ

その親御さんたちの時と少しばかり塾は変わったが

とにかく楽しいひと時を過ごせた

ありがとうと伝えたい

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です