余計なこと

コミュニティというのは雑談で出来上がるものだと

先日読んだ本の中に書いてあった

ああ、そうかもなと思うのに時間はかからなかった

雑談したとき

言葉ではなく表情で話す人がいる(少なからず)

それでも、SNSとかじゃないから

コミュニケーションはとれる

相打ちだけはニコニコとするが

まったくコミュニケーションが取れない人がいる

こちらの話も通じないし

向こうのこともわからない(これは疲れるし時間の無駄)

雄弁に話すがつじつまが合わない人がいる

これも上記と同じ

つまり雑談というか会話のキャッチボールができないのは

非常に哀しいというか虚しいというか

哀れな思いしか残らない

その逆の場合は楽しいし

勉強に関しても回転が速い

そこで余計なことと表現しましたが雑談力というのは大きい

無口とは違いますから

そこんとこお間違えなく


トンデモ科学では

宇宙人というのは口が退化した(グレイと言って通じるかな)

それに近づくわけでもあるまいしと思うのだが

いわゆるメールでは饒舌だが・・・というのは

まあ、そんな手段だけでも成り立つ社会もあるという事実を否定する気はない

メールでコミュニケーションをとるのが常識のようになっている二十代

という記事を目にしたが

おそらく、その後も続くのかな

けど、それを推奨している方々はとても雄弁に語る方たちであるということをきづいているのか?


投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です