高校再編

受験生の数が減るので

東、北、商業高校が募集人員を減らすようだ

子供が減るという理由で行われる再編は納得がいく

けれど、その変化の決定に

頭を傾げる

もちろんたくさんの論議の末の結果なのだろう

受験生は

それだったら、それなりに変化せざろうえない

制度に文句をつけても

我が身に降りかかるのはそれ以上の不幸

消費税が引き上げられるのだって

決められたなら従うしかない

こちらの場合は犯罪者になってしまう

制度?ルール?とはそんなこと

犬を敬えと為政者が唱えれば

従うしかない

それと変わらない

ゆえに

嘆くよりもそれに対処する方法を進む方が建設的

狭き門だろうが門があるだけまし

壁だったらどうしようもない(長城の端のような高さの壁ならどうにかなるが)

わが身の不幸を嘆くより

それを続けるような努力をするほうがいい

そもそも受験なんて公平なようでおかしなもの

それ以外で判断することができないから

ペーパーテストで振り分ける

小平邦彦の自伝の中で言っていたことが思い出される

今の受験制度だったら私は帝大にも行けなかったし

せいぜい高校か中学の教師だったろう

つまりはそんな制度だということで

フラットで、アベレージを求める社会

それはいいことなのかそうじゃないのか

判断はできかねるが・・・

この辺で話題を閉じて無理やり終える

受験生はそんなことに惑わされずに今できることに邁進してほしい

というエールを送る

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です