それほど多くはないいいこと

何となく今日は楽しいかったというときは

子供たちの成長が見えたとき

そんな日はその後の夜も何となく気分よく過ごせる

もちろんその子にとってということが大半だが

そんな喜びは結構ある

けれど

飛躍的にというときがある

そんな一面を見ることはそんなに多いわけではない

それはその子にとって大きなアドバンテージになる

その後の進化は加速する

たぶん、これからも学校のテストで見ることはないだろう

もちろん授業でも

ただし受験ではよく見る

ここが大事

問題の見方が変わり始める

何が有用なのかも理解する

常にそんな見方をして学習すれば

数学はいい流れに乗るのは当然のこと

やはり

集中すること

先を進むこと

そして復習することは

とっても大事なのだと

だから、子供たちには期待する

期待するから

厳しくもなる

今日見ることができたことへの感想は

「すごいなあ」

じゃなくて

「すっげー」

という感じ

です

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です