賛もあれば不もある

当たり前というものが揺らぐ昨今

当然のように多種多様な考え方もある

そんな中でも大多数を占める思想

あるいはそうではない思想

今でも言うのか

それともすでに死語かはわからぬが

勝ち組とか負け組という言葉が乱舞したときあがあった

この勝ちとかまけとかという言葉のあてはめは

曖昧さであるがゆえに

万人が使ったのだと思う

ところで

今までもいろいろと意見をいただいた

その中には賛もあれば不もあった

それでいいのだとなおさらに思う

基本は変わっていない

勉強というものの中身が変わらぬのに

毎年変化する方がおかしい

ということもあるだろう

もちろん成績の分布が以前とは大きく異なったという変化は受け止めている

ただ、相変わらず少数派だという部分は変わってはいない

その少数派の中のさらななる少数派

そういった子に何かをしてあげたいという気持ちは変わっていない

そんな思いには賛も不もある

当然のこと

がんばる気があるのも

がんばれるのも

いずれも少数派

そうマイノリティ

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。