ボルヘス怪奇譚集

夏といえば怪談話?

というわけで、まさか子供だましの物語を楽しめるわけもなく

彼の選集を広げてみた

短いものは数行

長くても数ページという作品集

周辺を想像できるという楽しみ

古今東西から集めたもの

かれの「新編バベルの図書館」などを見れば

彼の選集には感動する

そういえば

数学の問題では短い文章の問題に良問が多い

無駄がない

すべての要素が詰まっている

読み切れない場合はもちろん解答できない

何を問うているのか

それすらもわからない

ゆえに手が動かない

難しいと捨て台詞を吐く

だから・・・・・

良問に触れないと・・・・・

高校数学の話です

中学数学はそれほど・・・・

ゆえに、だれでも合格点を取って入学できる

そういった緩い勉強がやがて破綻を招く

たぶん指導する方は周知の事実だと思うのだが

未だに暗記科目で点数を稼ぐなどとわけのわからぬことを言う方も多いようで・・・・

おっと話がずれたので修正

ちなみに題名はカイキタンシュウ

私の賢くないワードは変換できなかった

すぐに覚えるいい子ではあるが・・・

聞いたことのない話を知りたい

同じ話を何度もというのはそれほど好みではない

ゆえに愛読書というのはない

小説に少し浸ってみようかと思わせた書籍だった

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です