少し大変なことをクリアーする

これっていうのは長年数学の指導に携わっていて感じること

たとえば

高校生の初期段階の内容によっては中学の知識で答えまで導けることがある

そこで中学で学んだ方法でどうにかしようとする

という例は意外に多い

そして、間違いなく数学が苦手という結論に達する

わずかな厄介を少しずつクリアすることは

やがて大きなアドバンテージになる

といいきれる

すべてにおいての勉強方法で言えることかもしれない

もっと早い段階から

そういった勉強方法を学んでいれば

高校に入学してから苦しまないのだろうとおもうのだが

それは無理なことなのだろうか・・・・

たぶん、そろそろこんなはずではと思う子が

増え始めるはず

早く気づけば対処も早いだろうから

決して悪い話ではない

ずっとごまかしてこじれてしまうよりも

まずはなるべくごまかさずに勉強すること

あとから理解できるかもとか

あとでゆっくりとか

そう考え始めた段階で

すで黄信号が橙色に変わり始めている

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です