山も笑い始めた

季節の変わり目には体調を崩すという厄介なこともあるが

何かが終わって

何かが始まるということに対して

大きな期待を持つのは楽しい

山笑う

というのは春の季語

笑う・・・・

いい表現だと改めて感じる

このような表現力というのは鍛えるに越したことはない

け・れ・ど

試験で測るのはいかがか

と感じた報道があった

すかさず拒否した学校があった

・・・・・・・

毎度のこと

変化にはつきものの諸問題

けれど、当事者にとっては重大

そんなこととは関係なく

透明で、薄っぺらなものに色を付けていく

そんなことが得意なところが決定権を持つ

それは理不尽だ

そう理不尽なことがまかり通るようなエリアが

まだまだたくさんある

そもそも試験なんて理不尽なものだから

判断力がないから試験で得点化するだけのこと

そして試験で高得点を取ったものが優秀だと

勘違いされる

高得点を取ったなら優秀

さあ、これは何条件でしょう(高校生向け)

必要?十分?

ブー

どちらでもない

そんなことで決められることじゃない

なんてことは大人ならみんな知ってる

知らないのは子供と

過去に大きな傷を負って引きずっている大人と

そう思わないとアイデンティティが崩壊してしまうような類の人

だったら勉強なんてどうでもいいじゃないか?

そういう考えに陥るのが発展途上人

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です