勉強の仕方がわからないなんておかしいと思っていた

ところが

わからないんじゃなくて

おかしいことならある

白いページを埋めることが最優先の場合

もう少し言い換えるなら

写すという行為

一部では写経と表現しているようだ

たしかに、暗記科目が多い受験という体質からみれば

そのうつすという作業がまんざらおかしいことでもないかもしれない

けれど、少なくとも数学は

ただの時間の無駄

数学は解く

解答を作る

この作業に時間を費やさなければ

高校生になると厄介なのか

数学までもこの作業をしている人は少なくない

最終目的は

問題の意図を理解し

解法を模索し

そして作り上げること

その過程の中で考えるというのは常に付きまとう

そのことは忘れないでほしいかと

解法が違ったら直す

それをチェックするために解答を書いてもらうことにしている

間違ったら恥ずかしい

いやいや、解答を少しでも観れば数学の実力なんてすぐわかる

だから、格好を気にしてもしょうがない

時間の許す限り

それが何でダメなのかを一緒に考える

そんな作業の積み重ね

もちろん、問題のレベルによる

暗記科目とは一線を引いた方がいい

じゃないと…大変なことになる

なぜか、映像はオーティス

パーシースレッジなのに

こんなことはネット中にはよくある

責任のない人間が書いたことを

鵜呑みにするのは・・・・・

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。