嘘は罪

冬休みに突入

今回は中学生にむけて

いわゆる通信簿というのは

どうも基準があいまいで

いやいや,という意見は数あるとは思うが

数多くみていればわかること

で、

成績表

こちらはテストの結果の方

ほかの意思が入らないために純粋に判断できる

それを見ていれば

子供たちがどうやって努力したか

何か心境の変化があった(よくも悪くも)とか

ケアレスミスかとか

いろいろわかる

もう一度見てほしい

どこを見ればいいかというのは

いろいろあるが

がくんと下がった場合(上がった場合はとりあえずいいとして)

それって、原因は学力じゃない

ちょっと頑張ったからと言って成績はそれほど上がらない

同時にちょっと怠けたからと言って成績が急激に下がることはない

その辺のところをご家庭で見過ごさないようにした方がいいかと

もちろんテストなんて関係ないという場合は別

テストの結果は見させてもらうことにしていますが

数字以上にわかることっていろいろあるんですよ

もし、疑問がありましたら

そのまま見せていただければお話ししたいと思います

イエローかレッドか

気をつけなければ大変なことに

その気にさせるなら、最後まで責任取ってほしいなあ

嘘は泥棒の始まりなんて言葉もあるけど

泥棒を通り越して罪だよ

絶対評価と相対評価の違いがあいまいな想定で

内申が決まるなんて理不尽

たくさんもらった人はいいとして

そうじゃなかった人は点数を頑張ればいい

内申評価と成績が一致する場合はまだ理解できるけど

成績の割に内申が悪い場合は生活態度とか、嫌われているとか(意外に多い)?

逆の場合はものすごく恥ずかしい(なぜかは自主規制)

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です