読む、書く、考える

これが学習には必要不可欠なもの

国語で前の二つを学び

数学で最後を学ぶ

このことに費やす時間が少ないような気がする

すべてを暗記でどうにかしようとするのはどうなんだろ

なんてことも考えたりする

国語も数学も点数がいい

そんなことを言っているんじゃない

そもそも測れるほどの試験は少ない(限りなく)

そういったことは小さなころからの習慣に由来する場合が多い

「もう何年生だから・・・・・」

などと突然言っても

子供にとっては青天の霹靂

そして言うことを聞かないとか

やる気がないとか

能力がないとか

そんな結論に至るケースは少なくない

そういう習慣に慣れた場合は必要なだけの時間をかけなければと思う

もちろんレアケースは存在する

マイノリティーは尊重するが

レアケースは語る必要はない(面白いかもしれないけど)

正直、暗記の勉強というのが優先されているという感がある

それゆえに

勘違いもあるし

頭打ちにもなる

子供たちには落ち着かせる時間を

それがいろんな意味で功を奏す

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。