ノーベル賞

今回は日本人が受賞しなかったのかな?

騒いでいないから、たぶんそうなんだろう

ここから、自然科学のほうに話を進めたい気もするが

今回は文学賞

そもそも賞を受賞した作品がどうかというのは芸術においてどれだけの価値があるのか

などと書くと

またひねくれたことを

と言われる

過去の受賞者で複数の作品を読んだことがあるのは

ガルシア・マルケス

ソルジェニーツイン

サルトル

スタインベック

ヘミングウェイ

ラッセル

フォークナー

ヘルマン・ヘッセ

アンドレジット

トーマス・マン

バーナードショウ

ロマン・ロラン

バリガス・リョサ

カミュ

あとは読まされただけ

wikiで調べた結果で

この人がとってたんだなんていうのもあった

人によっては、賞を取った人の作品だけをよむという場合もあるようだ

それも面白いかも

でもしない

賞をとった作品は素晴らしいというのは認めるけど

その逆は成立しないから

スポーツじゃないんだから・・・ね

今まで自分では可能な限りの本に触れてきたつもり

誰かに勧められてというのは

ちょっと思い出せない

一生で数百冊も読んだらかなりの読書家らしい

このたくさんある名作のなかから

数百というのはあまりにも少ない

だから、選んで読みたい

ほかにも受賞者、受賞しそうな人の作品も多少触れたが

記憶に残らなかったのでここには名前をあげない

できたら、中高生にはバートランドラッセルのエッセーに触れ観てほしい

哲学者・数学者の彼の意見を

まあ、人に勧めるのもなんだかね

個人的にはそういったお勧めにはあまり触れないから

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。