選択の自由

まさにテスト前夜(大仰な表現)

その日に友人と語らう(まともそうな表現)

つまり、遊ぶということ

別にテスト前だからと言って勉強なんかしないでもいい

そんな付け焼刃的なことをするのは姑息だ(きれいごと)

だったら、潔く悪い点数を受け入れればいい

これってまんざらでもない

「普段からきちんと勉強していないから・・・・」

などというセリフを聞いたことがある方は多いはず(当事者ではなくとも)

中学生のヒトリベンキョウなんかでも

数学とか英語だけじゃなく社会や理科も

などという指導法もよく聞く

つまりこういったかたは上の考え方の信奉者ということなんだろうな

などと思う

「テストの点数なんて人生に大きな影響を与えないだろう」

ごもっとも

「それよりも今を楽しみたい」

すばらしい

「偏差値で人を判断するな」

正論

本人が望むなら

本人が受け入れられるのなら

本人が、いや家族(保護者)が認めるなら

いいじゃないですか

テスト勉強に関して言えば

テストに近くなったら、暗記科目を頑張ればいいし

それ以外の時は主要三科目特に英語数学に時間を費やせばいい

今更、言葉にするほどのことでもないと思うのですが

意味不明なきれいごとで子供たちを悩ませるのは・・・・・

つまりは

選択は本人ということ

やらせられているうちはまだまだ

やらなければならないと思った時が今、その時

でも、子供たちはいつも楽しそうだ

それってとってもいいことだよな

などと感じる日々

過半数を超すと

勝つというのは

民主主義の法則なんだろうけど

なんか・・・・・

いやだな

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です