長い時間をかけて

培ったものを変化させるにはおおきなエネルギーが必要

それが価値観とか信条に関わるものならなおさら

仮想現実の世界に生きようとしている人と

現実の中に何かを求める人との間には

大きな隔たりがある

どちらかが譲歩するか

互いに無視するか

衝突を避ける方法がほかにあると思うのだが・・・・・

今までも幾度となくこの難題に直面してきた

口は災いの元とはよく言ったもので

心にもないことを軽口で吐き出すのを

真に受ければ痛い目を見る

現実を話せば煙たがれる

それならば、空想の話でできればいいのだろうが・・・・・・

ああ、なんだ、そんなもんでいいのか

という場合が多いのも現実

そんなもんじゃないという子達は

最後まで真剣だった

昨年度から形にしたエクストラコースの子達は

小学か中学からはじめたわけだが

「ああ、できるんだ」という実感を持った子達が多いようだ

家で何時間もがんばってきている風でもない

けれど、解答を導く力はある

最小限の説明しかしない

同じことを何度も話す必要もない

集中力がすごい

特別な子だろって

いやいやかわいい子達です

ただ、まだおかしなものに染まっていなかったということかも

 

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。