いろんなことにチャレンジしたくなるこの時期

その中のひとつに勉強がある人

あるいはない人

あるいはいろんなことではなくただひとつにチャレンジしようと考える人

それぞれが異なった考えを持つ

それにどうこう言う権利は他人にはない

ただ、アドバイスならできる

浅く広くもあるだろうし

深く貫くこともあるだろう

それだって皆異なる願望があるだろう

他人がどうこう言うことではない

ただ、相談されれば意見はある

当塾にたどり着いた子たちには

その希望を訊く

それに答えるのが本人の場合もあれば保護者の方の場合もある

子供の気持ちを慮って保護者の方が代弁しているのかもしれない

どちらでもいいのだが

その希望がなければこちらからの指導も迷ってしまう

中学生や小学生の場合はそれがなくてもある程度は可能

その理由としてたいていの場合最短の目標は高校受験だろうから

まあ、それにしたところで志望校の違いはあるだろうから

多少の違いはある

多少だが

問題はその上を目指す場合

高校生ということになる

当塾では小学生や中学生でもその先に目標を掲げる子がいるので

それも含めてということになる

こちらの場合は多少の違いでは済まされない

そのことをわかってほしいと思う

高校生の場合は各学校で早い時期に

文、理系の選択を決めさせられる

それはとてもいいことだと感じている

ただ、その違いもそうだが

レベルということも決定したほうがいい

そうすればいろんなことを楽しむ余裕ができるかもしれないし

まったくないかもしれない

自らの立場がわかるだろう

それも他人に任せるという考え方もあるのだから

他人がどうこう言うこともないのかもしれない

他人とはいえ近い存在なのだから

考えてもらいたい・・・・・なあ・・・・という意見

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です