新しいことってワクワクする

同じことをずっとやっている

そういう風に周りから見られるかもしれない

けれど、なんのなんの

毎年違う

同じ子でも、一年前とはまったく違う

当塾では新学期でなくとも新規の子は入塾してくるので

四月だからということもないのだが

やはり、この時期はワクワクする

正月のころは、そんな気はあまりないのだが

やはり、年度初めが新年のような気がしないでもない

こちらからは遠慮なく期待する

これから、進歩する子達に

昨年の今頃小学生の問題集を見ていた子が

現在では二次方程式を解いている

同じく二次方程式を解いていた中学生が

中学生のままで微積の問題を解いている

本人たちはそれほど進歩しているとは思っていないようだ

けれど、多少でもカリキュラムを知っている人間なら

その進歩に驚くはず

上記の例ほど大きな進歩ではなくとも

解答欄を全部埋めれるようになった

とかという例もある

基本35~80まで

これが当塾のカオスを生み出すひとつ

自信を持つのは他からの言葉ではなく

本人の何かしらの成果が必要だと思う

それと、当たり前だが同じ子はいない

だから、面白い

だから、同じ年は二度とない

一期一会

遠く離れて言葉を選ぶなら、そのあたりに共通項があるかもしれない

何か楽しいことを想像もしないで楽しくなるわけがない

もう一度いう

同じ子はいない

したがって対応も異なる

だから、数日前に書いた評判になる

眉間にしわを寄せる前に違うところにしわを作りたい

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です