朝の来ない夜はない

今日の天気

まさかこれからか?

なんてことを思うほど本格的な雪

例年、高校受験のころには道端の雪はなくなる

ということは

あと少しで融け始めるはず

ならば安心して雪を見ることができる

「題」の例えは朝が望ましいという比喩だ

個人的には夜が好きなので

「陽の暮れない日はない」とでもいい変えようか

ところで最近、読み始めた新聞に連載されたエッセーを集めた本が

ゆるく面白い「ニューヨークタイムズの数学・・・・」

もう少し前に読んだ「マスペディア」というのは

うまく表現するものだと勉強になった

手元にはあるがまだ読み始めていない「繰り返される宇宙」

というのもなかなかおもしろそう

いろんな空間で生きることが結構面白いなあと感じる

たまには小説でもと思うのだが

どうも、横積みにされているような新刊本には興味がわかない

世界に入り込めないというか・・・・・

したがって、今部屋の中にあるような本になる

その中にはたくさんの小説もある

読書は楽しみだ

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です