ちょっとブレイク

「バンヴァードの阿房宮」 副題世界を変えなかった十三人という本がある。

最近かな。まあ、出版はいつでもいいんだが、手の中にある。

「現代哲学」 バートランド・ラッセル著 という本が手の中にある。

「科学の未解決問題」竹内薫著 という本机のわきにある。

「別荘」ホセ・ドノソ著 とういう本が後ろの机にある。

「怪奇文学山脈」荒又宏著がそのわきにある。三冊重なっている。

「七つの夜」J・L・ボルヘス著がベッドのわきにある。

・・・・・・・・・

本に囲まれているということがアナログなのかはわからない。

なんで気持ちがいいのかわからない。

でも、好奇心をくすぐって広げてくれるのには手っとり早い。

この生活は変わりそうにない。他に何が変わっても。

人生経験だけで何かを知り得たいなら、そうすればいい。

けれど、一を知って十を知るなんてことはないんじゃないかな。

何か一つを貫徹するのは素晴らしい。

けれど、そんな才能はないから、いろんなことを知りたい。

自然科学、自然、生物学、哲学、・・・・・そしてもちろん純粋文学もエンタメ小説も。

ジャンルは問わない。好きなものを読みたいだけ。知りたいだけ。

好奇心を持ち続けることができるのは大きな望みの一つかな。

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です