神無月のオーラス日

明日からは日本中の神様が地元に戻ってくる

ありがたいことだ

神の存在を信じるといえば何かと誤解を招きそうだが

実際かのアインシュタインも語録の中にいくつか登場させている

自然科学を研究すればするほどその美しさに何かの存在を感じてしまうのだ当いうことも聞いたことがある

もちろん神というものの定義が大事なわけだが

世の中、考えてみれば理由のつかないことが多い

そもそも、宇宙の誕生すらまだ・・・・・

そちらは専門家(もしかしたらあなたかも)にまかせて

今できることを楽しむのが正しい気がする

この楽しむというのも定義が大事

ある人種の哲学では窮地に陥った時対処できるのが賢いのではなく

窮地にお陥らないようにするのがもっとも賢いという考え方をするのだそうだ

ただ、窮地とまでは言わなくとも

目の前に立ちはだかる困難を克服する知恵と勇気を持てるようにしたい

人事を尽くして天命を待つ

このほうが理解しやすい

まず踏み出そうか

まだまだ、楽しいことはたくさん待っている

個人的にいろんな勇気をくれる曲

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です