対処するには原因が、そしてそれは結果の前にある

結果から原因を作りだすのが得意な方々もいるが

そんな魑魅魍魎のような方々ではない

たとえば、同じ条件で同じ説明をする

では、同じように理解するか?

誰でも経験(学生時代に)するようにそんなことはない

その原因として、「頭のよさ」などという測りようのないあいまいな理由で

すべてを片付けようとする

ラクだよね、それのせいにするのって

けれど、けれど、本当にそうなのか?

ボキャブラリーの乏しい会話を繰り返すような環境で育てばそんな子になるだろうし

勉強よりも大事なものがあるという環境で育てばそうなる

美辞麗句を並べようが環境はうそをつかない

たとえば毎日国語の授業はないのに、部活は毎日

これって?

テストの結果は大事だといいながら、テスト前に用事を入れる

これって?

数えればきりがない

錦織が学習に時間を費やしたか?

中途半端な知識と情報がおかしな方向に導くことの危険さを考えたりしません?

子供の時間は限りあるのだということを周りは認識するべきじゃないかな

当塾は学習塾なので、それを前提に言いきれば

子供の勉強の邪魔をするのは友達よりも大人であることが多い

様な気がしないでもないような気がしないでもない

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です