今、いる場所が真実というわけではない

などということを考えたりしませんか

勘違いしないでほしいのは、シンデレラシンドロームとかではないですから、そちらの話ではないです

実際、当塾に途中からきてギャップを感じる人は多いようで

特に途中からの子は、さらには高校生

結果として、受験に際してそれが普通だったと認識してくれるので

それはそれでうれしいというか、喜ばしいことなのですが

それほど、特別な問題を選択しているわけではなく

受験するに必要な問題を、必要な解き方で説明しているのですが

それが、それまでとギャップがあるというのは・・・・・

もちろん、必要とあればそれなりの問題演習を課します

現在も高みを目指す小中学生がエクストラコースで頑張ってくれています

この時間は明らかに特別な練習をしています

考えるということに重点をおいて

普通のコースでもそれなりの練習はしますが・・・

高校生は志望が全国区となるので、それを基準にしています

とりあえず、かすかな疑問がわいたら、自ら調べることをお勧めします

今、自分のやっていることがずれていないかどうか・・・・とか

手っ取り早いのは志望大学の過去問を見ることだと思うのですが

もちろん、相談してくれたらお話しします

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です