やはり過程が大事だと

いくら、受験数学だとは言っても

数学の根本的なことを理解しないでも答えを求めるのっていかがか?

今回は「だから計算式をきちんと・・・・・・」という話ではない

もちろん解法というのはきちんと書かなければならないのだから、そのなかで必要な式を書かなければならないのはほかでもない。だからといって悪魔召喚の呪文のような式を強いるのは問題外

なんで、そんなことをするのかということにもっと時間をかけたほうがいい

こうやれば答えが出るから・・・・

というのは、そのうち詰まる

有名参考書の例題というのは選び抜かれた良問が使われていて

そこにはいろんな要素が含まれ、学習するようにできている

では、下部の練習問題は・・・・・

結果を求めるのはもちろんだが、まだ差し迫っていない子供たちには

そういった問題への取り組み方が必要だ

定期テストはとれるけど、郊外模試はちょっと

基本問題は分かるけど、応用はちょっと

とかいうのは、明らかにこのあたりに原因がある

それゆえに、子供たちに解答を書いてもらう(ホワイトボードに)

そうすれば、それを土台にしていろいろと考えがわかる

一つだけしかない解法にしがみつくのは

危険

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です