高校生コース

力を入れて指導していることに

その考え方が、どんな場面で使われるかということがあります

例を挙げるなら、その問題を方程式とみるか関数とみるか?などということもあります

抽象的な表現ですが、かなり大事な考え方の一つです

できるだけ、ホワイトボードに解答を書いてもらうことに時間を割くのはそういったことへの理解を深めるために重要なことだからです

単純にカリキュラムを進んでいるわけではなく、それなりの問題で練習を進めています。それも早めに入試問題に触れるための準備にほかなりません

中学校までとの大きな違いは,競う?相手が全国区ということを念頭に入れているところです

地方で大きな格差が生じている大学の学力格差は歴然としています

また、それほど数学が得意ではないけれども入試には使うという人のために週一のコースを設けました

数学なら・・・・と謳っているのは難問だけを指しているわけではないからです

受験間際(三年生)になって入塾してきた子が、志望する大学と自分の学力との差を知って愕然とする姿を何度も見ています

早めの準備は言うまでもありません

短期間でどうにかなるならば、何年も準備している子たちがたくさんいるのはなぜかと考えてほしいと思います

高校生といえども、今が伸び盛りだということに変化はありません

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です