常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことを言う

かのアインシュタインの言葉だ

三つ子の魂百まで

などというのと共通部分があるような気がする

十八といえば、あそこを卒業する年齢で

ということは、そこまでに触れた環境や大人たちの影響が大きい

とも受け止めることができないか

ちょっと待てよ?

私もその一人か

まあ、反面教師として見てくれればと逃げたいが・・・・

まじめに言えば子供たちに迎合することなく接したい

大人?は子供の世界に目線を下げるとかいう人がいるけど

それって、そのほうが楽な人の場合で

なおかつ害悪だよね・・・・・と思う

大人は子供たちを引き上げるのが役目でしょう

いや、役目の一つでしょう

多感なこのとき、できるだけつかなくてもいい甘い嘘はつきたくない

なああああああああああ

なんてことは真剣に思っている

子供にはわからん

とはいっても、これを観たのは高校時代だったかな

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。