あの日

まだ高校入試が前期後期と別れていた

前期の発表が終わり

後期へと向かうものもまだいた

まだ雪が道端に残っていた

後期に挑む子たちの家を回った記憶がある

自分に何ができるか

せめて、各家庭を回ることしかできなかった

やがて、報道でいろんなことを知ることになった

年を経るごとに

「実は・・・」「実はあのとき・・・」「本当は・・・・」

いろんな事実が明かされる

それを複雑な気持ちで

けれど、耳や目を向けてしまう

ただ、無力な人間たちにとって

その後の処理のお粗末さのほうが気になる

なんでも時間が解決してくれるとでもいうのだろうか

・・・・・・・

人は、何かに立ち向かうとき

いろんな紆余曲折のあとで、強くなるような気がする

「強くあれ」

それが、あの時からの教訓だった

今こそ、いろんな気持ちを込めて

https://www.youtube.com/watch?v=mVw5HKanadw

いろんなことを大きく凌駕するようなこの曲

事あるたびに、何かを感じてしまう

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です