ジョン・ナッシュ

「ビューティフル・マインド」を観た

かなり前なのだが

いわゆる、天才のドラマ

どうせなら、秀才とかいう息苦しい存在よりも

こんな天才の話のほうが何倍も楽しい

同じ(たぶん)ヒト科に属するものとして畏敬の念を覚える

惜しくも最近亡くなったそうだが

天才の苦悩は天才にしかわからないのだろう

わかったつもりにはなれるけど

ペレルマン然り

わずかな割合しかいない彼らのような存在を

クローズアップするのは面白い気がするけど

彼らにしてみれば放っておいてほしいのだろうか

努力してもたどり着くことのできるかどうかわからない

彼らのいる領域はサンクチュアリなのかも

それでは、ここは?

わずかな差異でいい気になれる凡人の世界

それもまた楽しいのかも

と頑張って思うことにしてみる

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。