望むものは

それを「夢」と呼ぶにはちょっと

もっと手近に入るものの話

様々な望みについて話すのはいつか

やっぱ、勉強の話

高校でも、大学でも

名前なんていらない、高校だったり、大学だったり

名前の後ろに付いていればいいというのはそれはそれで

(意外に多いよね。特に大学は)

どこでも同じ「学校」というくくりなら、努力はいらない

大学のキャパはすでに希望人数を超えてるんだから

学校なんて何かを目指すための過程なんだと考えれば

望みが見えてくると思う

世間一般の(近所ではない)認識に気をつけていれば

いろいろわかるよ

甲子園に出場するより、いや、優勝するよりはラクな話

全国区、いや、世界も含めて考えれば立ち位置とか望みとか

努力しなければならない程度とか

分かってくるんじゃないのかな

希望から続く延長線上の夢が大きい人たちに向けて

一日でも早い開眼をお勧めします

どこまでも、手助けします

ラクになんて言いません

とっても大変だと思った方がいいですよ

偏差値とか問題の難易度よりも

競う相手がどんな人たちかって考えれば分かりやすいかも・・・・

特に大学の場合は、受験生のほぼ半数が望む大学たちにはそれなりの意味がある

https://www.youtube.com/watch?v=WUBV6ON7ouw

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です