勉強会の詳細をアップしました

基本的に漠然と話を聞いて時間つぶしをするというのは・・・・

それだと机を並べて学ぶ普段と変わらないんです

それで、成果が出ている人はそれでオーケーなのでしょう

自分の考え方の何が悪いのかわからないで一通りの考え方で処理できるほど数学は甘くない・・・・と言い切ります

ホワイトボードで書いてもらって何がおかしいのか
問題の読み方か
計算の仕方か
アプローチの仕方か

そのあたりの違いはほぼうやむやで処理しようとする人が多い

それは例題の繰り返しだけの練習をしているからなんですよ

入試問題というのは、そこに何かしらの意地悪をされていることが多い

特に上位高だと顕著

そうでなくともけっこうあるんですよ

ちなみに志望校の練習問題をセンターの後にやろうなんて考えているのは

愚の骨頂

センター問題を筆記試験と同じように処理しようとするのも同様

難関校に至っては問題が異常なんだから普通の練習をするだけというのがおかしな話

そのあたりの捉え方にはいろいろあるでしょうけど・・・

夏で決めよう

なんていうのはおかしな話で

せめていうなら、

夏で敵を知れ・・・・遅くとも

という感じではないでしょうか

本当はもっと早い方がいいのでしょうけど・・・・・

同じように授業を受けて

同じ学校に通っていても

個人差はあるものです

当たり前なんですが

だから、受験は個人の戦い

したがって大手予備校などは志望校別のクラスを編成していますよね

うちは数学専門なんで、その教科だけでもと奮闘しています

特に難関はほとんど数学必須(文系も)

なんてこともありますしね

夏は頑張りの夏

冬は?

それも同じ

進学を目指す人間にとってはあっっったりまえのことなんでしょうけど

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です