何の才能もないなら

勉強するのが一番

頑張って、一流大学に入ればいい

なんか才能があるなら

学校の勉強なんてする暇あったら

そっちの努力すればいい

ほとんどの人間は特出した才能なんてない

だから、自分なりに何かを努力する

努力しない奴は論外

大学に行ったところで、専門分野を貫ける人間なんて

ごくわずか

ほとんどは、そんなものも捨て去って

全く関係のない職に就く

必要なのは大学を(できたら一流)を終わっているということ

自分で何かできるなら、それが一番

だから、勉強って保険みたいなものかもしれない

でも、中途半端にやったらこれも何の意味もない

勉強できる人間が賢いんじゃない

才能のない賢い人間は勉強するだけ

勉強できたら立派な人間になるなんて言うのも嘘

それと人間性は全く関係ない

皆と同じように努力して、社会になじむようにすれば

立派な人間だと評価されるだけ

あるいは、突出した業績を残せば立派だと評価される

ヴィトゲンシュタインだって、ノイマンだって

アインシュタインだって、小平だって

ゲーデルだって、ヘミングウェイだって

鴎外だって、ミックジャガーだって

ベーブルースだって、ピカソだって

野口だって、・・・・・・・

人間性に関しては・・・・・・

さあ、何の才能もない人たちは勉強しよう

 

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。