好きなことをするためには

その周りに生じる厄介なこともしなければならない

それを厄介と言ってしまえば

不幸な表現かもしれない

厄介だと思って何年もやり続けるなら

いっそのこと

好きにしてしまえばいい

と考える

受験勉強が好きになれるか

という意見がまるで聞こえてくるようだが

勉強というものは好きになることに不利益は少ない

それを拒否するなら

それを必要としない生き方を選べばいい

勉強というものはほぼすべてに必要だが

ここでは学習の話

新しいことを学ぶことに楽しさを感じる子は多い

遊びを学びに持ち込むのは否定したい

修行のようにこれを順に学ばなければというのもどうかと思う

意味不明な効果不明なことを強いることは

間違いなはず

その一つだけその効果が表れた例は

オリンピックの開会式でのアスリートたちの聞く姿勢だったかな

少し奇妙に映った映像だった

話を元に戻す

好きな勉強をするのではなく

好きになるように勉強をする

これは周りの影響も大きいだろう

いろんな疑問を持って

前に進んでほしい

疑問がないというのは

思考していないというのにも似ている

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です