流言飛語

まだ今年を締めくくるには随分と早いのだが

今年は随分とこのような話を耳にした

話本人は至極真面目に話をしているのだから

おそらく本人はそれを理解?

いや、信じているのだろう

聞かされるなら

楽しいか

ためになるか

どちらかがいいのだが

選ぶわけにはいかない

なんせ勝手に話し出すのだから

昔、親しかった友人がしばらく会わぬ間に

怪しげな宗教にはまってしまった時の様子を思い出す

仲間数人でどうにかしようとしたが

根拠のない話を言い続ける

そのうち皆が声を荒げるような事態になったのだが

それでも本人は根拠のない話をを言い続け

やがて、数人の仲間が辟易した

挙句の末には周りに説教をし始めた

もちろん彼の話を誰も真に受けてはいなかった

やがてマインドコントロールが解けたのは

それから数年もかかった

けれど彼がそれからしばらくして会った時に言った

実は信じていないふりをしているだけなんだと

まあ、大人になってからは質が悪い

そんなことを

随分と耳にした

見ざる聞かざる言わざる

かくも難しい

 

 

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です