褒めるためには

ひたすら見つめて待つしかない

ただひたすら褒めても

言葉が薄くなるだけ

ここぞというときに褒めるタイミングを外したら

叱り忘れるよりも悪い

これを待っているんですよ

いつも

褒めて育てるというのは

甘やかしておだてるのとは違うと認識している

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です