自由性

現在、在塾している子たちの中に書道の有段者がいる

先日も作品を見せてもらったが

「すごい」

としか論評できなかった

行書はどうなのかと尋ねたら、それもかけるのだそうだ

それはもちろんだが、基本ができているという元においてできることに他ならない

いつも、思うのだが

スポーツ、音楽、美術などはそれは認知されているのだが

一番多くの人間が触れる勉強に関してはそうもいかないようだ

なんとなく・・・・

などといういっぱしの芸術家気取りのセリフを吐く子もいる

基本というものが大事なのは言うまでもなく

その基本が読解力にまで引き戻らなければならない

というレッドゾーンにいる子は

正直少なくない

基本があって数学の解法にも自由性がある

数学に国語力なんて関係ないだろう?

いやいやいやいやいやいや

そんなわけがない

まだ、中学の数学程度ならそんなことも言えるかもしれない

正直高校の数学を指導していて

題意を読み取れずに手が止まるというのは少なからずある

読書をしていないから

行間を読めない

AはAとしか読めない

今までも時間の許す限り

読書をすべきだと言ってはいるが・・・・

よって、読書の強制策をとることにした

はっきり言ってしまえば

PC,ゲーム、漫画なんかに時間を費やすのは

年齢を経てからだっていい(年齢を経てから熱中する人は限りなく少ないだろうが)

もちろん、その世界に生きようとするなら言葉はない

希望すればどの学年でも受け入れます

まずは、高校一年生で始めます

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です