参加型

これはとても大事なことだと思っている

例えば本当に理解しているかどうかを調べるときに

学校ならば定期考査なるものなどで判断もできるだろう

基本的に同じ問題を何度も解くという作業の効用には

多少疑問を持っている(暗記科目は除く)

できるだけ、その日のうちに理解してほしいと思っている

ゆえに、ホワイトボードに書いてもらうことに時間を割いている

それはとてもいろんなことがわかる

ゆえに当塾においては

自分がホワイトボードに書くのは本人にとってもかなりいいチャンス

だと言える

わかっている問題を書いてもらってもそれほど意味はない

それゆえその子にとってやや難な問題をあてがう

どこで躓いているのか

そもそも誤った理解をしているとか

どれだけ、遠回りをしているか

なんてことがわかる

全く書けないというのはそれほどない

書かないという例はあるけど

そういった意味でそれを理解している子は書く

自ら進んで

せっかくだから利用すればいいのにと思うのだが・・・・

したがって参加型という体系は変えるつもりはない

自分の考え方を考察できるのだから

チャンスがあったらお得?

まあ、性格的に嫌だという人もいるだろうし

いろいろなのだろうが

自己アピールはとても必要なことだと思っているので

意味不明な控えめは早めに捨て去った方がよろしいかと

これは一般論として

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です