厄介ごとがなくなれば

気分が穏やかになる

子供たちにとって勉強は厄介ごとか?

そうかもしれないが

どうにかできるという観点からすれば

それほど厄介なものではない

厄介というのはどうしようもならない

あるいはどうにかするには多大な努力が必要ということ

とすれば

やはり勉強は厄介なものになるかもしれない

6,3,3,4もそれに浸かるわけだから

だったら、しょうがないとあきらめて

厄介なものにしなければいい

ほかのたくさんの例からすれば

どうにかなりやすいものだから

なんでも大げさな表現が会話の中に満ち溢れている現在

いうなれば

勉強なんて「チョー厄介」なものではない

やったもん勝ち

といえば乱暴か

しかれども

それは現実

そういった意味で厄介なことはもっと大変なこと

中間テストが終われば、期末テストがある

入試が終われば次の入試がある

そのたびにいちいち気分がすっきりするわけでもない

考えようだが

学ぶということを好きになってしまえば・・・・

まさかそんなことが?

いやいや、そうでもないんです

全部好きというのはそれこそレアケースだとは思いますが・・・・

そんな考え方からして

厄介ごとがなくなったらすっきりする

とってもクリアーな気分

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。