勉強ができるひと?

勉強ができるって一言にいうけど、それっどういうことなんだろうか。
短絡的にいうならば評定が5とか4ばかりで、テスト結果も順位が一ケタで、てな感じかな。

そういってしまえばそれほど価値があることとは思えない。それを目指していることに疑いを持たないことはここ(青森市)においてということなら、なおさらだ。こんなことを学習塾をやっている人間が言うのかなんて自分でも思う。

それが、中学であれ、高校であれそこから得られる結果って・・・。
そんな考え方は打算的だろ。なんていう人がいるだろう。そんな意見は承知の上だ。なんせここで長く生活してるんだから、しかも子供たちと接しているのは多めのほうだ。

したがって勉強ができるということは全く意味が無い。
それを言うならば、あなたの目的に足りる学力を持っているかということが大事になる。

具体的な例をあげるなら、偏差値が60程度で医学部を狙うには足りないだろうし(そんな医学部があるかもしれないが、例外はいちいち気にしない)、学年で一番をとったからといって東大に入れるわけでもない。

あなたの目指していることは何か?やはりこれが一番大事なことであると思う。

目的もなしに大学に行く奴に金なんか出さない。とか、高校になんで行くのかなんて目的とは微妙に異なる。
そんなことは以前の問題で、ここでの問題とは違う。

例えば、A大学に入学したからあの子は優秀だ。←これは一般に聞く。
けれど悲しいかなそんなことを言う人間にその人の価値判断を決定することはないのが普通。
その大学に価値があるかどうかは、社会が決めるのであって、自分がいかに努力したかなんてことをくみ取ってくれることは少ない。

実際こんな話がある。ある有名大学に入学して無事卒業し、いざ入社面接。
「あなた、うちではB大学以上じゃなければ・・・・」
本人は自分の学校に誇りを持っていたから、悲しい現実である。
そんな会社はこっちから蹴ってやればいい。そう思う。けれど、上場企業では珍しい話ではないからたちが悪い。

人間性がとかもっと見てくれる社会になればいいと思うのは誰も同じだろう。けれど、そんな風に今の社会はできていないようだ。

SCHOOLに冠詞が付かないのはそれなりの意味があるのだろうが、誰もそんなことは思っていないはず。
だから、必死になって頑張っている子たちがいるんだと思う。ならば、そんな子に言ってあげたい。

もっと頑張れ、もっと希望を持て、もっと苦しめと。受験なんて頑張った奴が勝つんだ。
スポーツとか芸術とは違う。才能がそれほど問われるようにできてはいない。

勉強ができている人間はなおさら、目標がある人間はさらに。

「思い立つなら今」そんな思いは四六時中いつでもってことだから。

ちなみに写真は悪魔的頭脳の持ち主。

 

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。