ノーベル賞

かの地では授賞式が行われたようで

毎年、日本人の名が連なるのは喜ばしいことだと感じていました

技術大国の名をかたるこの国はもっととれてもおかしくない

まあ、選考基準などもあるので難しいこともあるのだろう

どんなことでも国際基準というのはすごいことだとあらためて

ダブルスタンダードが存在しない自然科学の世界は特に

M-1の優勝だってすごいし(日本の一番は世界の一番?)

フィギアダンスなんかもすごい

夢を与えてくれるのは、世界サイズかもしれない

もしかしたら、今の子供たちは銀河サイズになったりするのかも

誰もが目指せるものではない世界サイズ

かといって目指さないということも・・・・

さあ、今の自分は夢へと続いているのか

これが現状を考えるときに必要

成功も挫折も紙一重、共に努力の結果

努力しない場合には無縁の言葉

https://www.youtube.com/watch?v=3UONioVwZag

選択肢の多さが逆に負条件になることもあるんだなあ

投稿者:

zyukutyou

青森市で学習塾を経営かつ指導しています 数学ならというキャッチフレーズに恥じない結果は出していると思います 趣味のことなんかも書きたいと思ってはいますが、書きません。 と言うことで、青森、学習塾、無限塾で気にとめていただけたら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。